【スポンサードリンク】

2016年秋の衣替えの時期 収納のコツはこの2つだけ!

夏が終わり秋の気配が深まってきましたね。そうなると長袖の服をいつ出そうかと悩みますよね。今回は2016年の秋の衣替えの時期と入れ替える夏物の衣類を上手に収納するコツの2つをご紹介します。

【スポンサードリンク】

2016年 秋の衣替えの時期

2016年の秋の衣替え時期は、10月1日頃に行うのが良いでしょう。地域によって気温差があるので違いはあると思いますが、学校や会社ではこの日の前後に衣替えを行うところが多いです。

特に決まった日付がない場合には、気温の変化をチェックします。例えば、2015年を例にすると、

東京都の平均気温は、「8月30.5℃」「9月26.4℃」「10月22.7℃」
このように10月になるとグッと冷え込んでいますね。
一方、蜜柑でお馴染み愛媛県松山市の平均気温は、「8月27.6℃」「9月23.7℃」と東京都よりも一足早い衣替えがよさそうです。

衣替えをする目安は気温が25℃を切るくらいになってからです。30℃を超える夏を過ぎて、25℃くらいまで気温が下がってくると「涼しくなってきたな」と感じるようになります。そろそろ寒くなりそうだという1週間前くらいから準備をしておくと、急に気温が変わったときでも慌てません。気象庁では例年の気温の変化を一覧表で公開しているので、自分の住んでいる地域の気温をチェックしてみるといいですよ!

【スポンサードリンク】

衣替えの収納のコツ2つ!

衣替えのコツは2つあります。2つのコツをマスターして、夏物をすばやくキレイに収納しましょう。

【その①】
衣類を綺麗にしておくこと。自宅で洗濯できるものと、クリーニング店にお願いするものを分類しましょう。この時期には割引キャンペーンを行うお店もあるので、まとめてクリーニングに出すとお得です。黄ばみがある洋服などは、思い切って処分を考えましょう。

【その②】
2つ目は、衣類の収納方法。袖のないもの、薄手のものなど真夏の衣料から順番にしまいます。袖のあるもの、やや厚手のものはその上に重ねるようにしておき、防虫剤を忘れずに敷いておきます。
この方法で季節物の衣類を効率よく入れ替えていくことで、大掛かりな衣替えの作業をしなくてすみます。

まとめ

地域によって若干差はありますが、2016年秋の衣替えの時期は、10月1日前後が目安です。来シーズンも気持ちよく夏物衣料を着られるように、収納のコツを掴んで綺麗にしまっておきましょう!

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る