【スポンサードリンク】

2016年秋の高山祭の日程 駐車場・混雑状況・見どころ情報!

岐阜県高山市で毎年行われている『高山祭』。大きな山車が出て毎年大勢の人で賑わいます。ということで、2016年の秋の高山祭の日程はいつなのか、また多くの人が訪れるので、駐車場や混雑状況は調べておきましょう。そして見どころを解説していきたいと思います。

2016年、秋の高山祭の日程や開催時間帯

秋の高山祭の日程は、

『10月9日、10日』

とこのように毎年決まっています。
土日に合わせて開催されるわけではないので、平日に開催される年もあります。

では2016年はどうでしょうか?
2016年の10月9日と10日は、日曜日と祝日です!例年以上の混雑になることは必至ですね。やっている時間帯は、1日目10月9日9時から開始となり、2日目の16時に終わります。

ちなみに春の高山祭もあります。実は春の高山祭は『山王祭』と言い、秋の高山祭は『八幡祭』と呼ばれ、この2つの祭りの総称が『高山祭』なのです。

【スポンサードリンク】

2016年、秋の高山祭の駐車場情報

毎年高山祭の期間中、臨時有料駐車場が用意されます。料金は市営民営駐車場、臨時駐車場ともに30分150円です。当日は交通規制も入りますから、一日中最初から最後まで楽しむのか、それとも朝到着して昼過ぎには帰宅するのか、昼到着して最後まで楽しむのかによって、オススメの駐車場は変わります。

<一日中楽しむ場合>
市の中心部にある駐車場がオススメ。どこに行くにも徒歩でいけるので便利です。高山駅から徒歩圏内に複数の駐車場があります。デメリットは昼間は交通規制や渋滞があるため途中で帰りたくなってもスムーズに帰ることができません。

<朝から昼過ぎまで、昼から終了までの場合>
市の中心部は避けましょう。昼から来るとそもそも中心部の駐車場には停められません。当日臨時で開設される駐車場を利用する方がいいでしょう。臨時駐車場は、市営民営ともに満車の場合にのみ開設されます。

2015年度は、西小学校、北小学校、高山市民文化会館が臨時駐車場として開放されました。お祭り会場から近いわけではないのですが、各150台〜200台ほど収容できるのでまず問題なく停められます。

秋の高山祭「八幡祭」が行われるのは「桜山八幡宮」という神社の周辺なので、この近辺の駐車場から埋まっていくことが予想されます。
(高山市周辺の駐車場マップ)

【スポンサードリンク】

高山祭の混雑状況予想

初日は朝9時から21時までお祭りが開催されてます。ですから流入の多い国道158号線は早朝から渋滞している可能性が高いです。2015年春の高山祭では、早朝から高鷲ICから高山市内中心まで渋滞でした。

また、高山市内の道は細く、抜け道もほとんどありません。高速インターチェンジを降りた後、会場に着くまで渋滞を覚悟するしかなさそうです。
小さな子供を連れて行く場合は、念のために簡易トイレを持参するようにしましょう。

渋滞を回避するための方法としては、

①夜中には到着しておく。
小さな子供がいると無理があるかもしれませんが、早めに動けば渋滞に巻き込まれることもありません。

②下呂から鉄道で移動する。
下呂まで車で行き、車を駐車して下呂から高山まで鉄道で行くという手段があります。鉄道代は余分にかかってしまいますが、渋滞に巻き込まれるリスクを回避できます。

高山祭の見どころ

高山祭の見どころは、何と言っても国の重要有形民俗文化財でもある「屋台」。力強い彫刻や刺繍、繊細な透かし金具を施した屋台は圧巻です。その屋台に仕掛けられているからくり人形も、日本の伝統の素晴らしさに感動できる見どころです。

また、迫力満点の屋台曳き廻しも魅力たっぷり。静止している屋台の美しさとはまた違った姿を見ることができます。屋台の曳き廻しは初日の昼過ぎから行われるので、早めにランチを済ませて見物する場所を確保しておきましょう!

(高山祭の様子)

【スポンサードリンク】

まとめ

2016年秋の高山祭の日程は、10月9日と10日の2日間で「日曜と体育の日」となり、休日開催です。例年以上の混雑が予想されます。日本三大祭りの一つですから、全国各地から多くの人が押し寄せるので、車で行く場合には駐車場の確保が大変です。事前に下調べをしっかりして当日慌てないようにしましょう。

以上、「2016年秋の高山祭の日程 駐車場・混雑状況・見どころ情報!」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る