【スポンサードリンク】

ファーマーズ&キッズフェスタ2016 来場者数は?今年はワンワンとアンパンマン!!


(出典 http://farmerskids.jp)

都心の農業イベント「第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016」が今年も開催されます。当日は新鮮な農産物が会場に届くほか、食育・農育のワークショップや大型農業機械の試乗、動物とのふれあいだけでなく、「いないいないばあ!」の人気キャラクター、ワンワンのステージショーもあります。気になる来場者数や例年の混雑状況などを調べてみました。

関連記事:さっぽろ雪まつり2017 日程、期間はいつ?ゲストやイベントの内容は?

【スポンサードリンク】

ファーマーズ&キッズフェスタとは?

2010年から毎年、日比谷公園で11月に開催されているこのイベント、今年は少し遅れて12月に開催されます。

『日本全国のプロ農業者が集い「子どもと農業をつなぐ架け橋」として都会の子供たちに元気なニッポン農業を発信するイベント』と公式ホームページにも書いてあるとおり、全国から農家や農産物を取り扱う会社・団体が集まって“こだわり&新鮮な農産物”を直接販売、また楽しい食育・農育体験ができるファミリー向けのイベントです。
なんといっても“入場無料”というのが嬉しいですね。各ブースは販売も行っていますが、試食もあり子どもが参加するゲームやステージショー、農業機械の試乗は無料です。

現在、公式ホームページには出展するさまざまな団体が載っています。その中から人気の催し物をご紹介します。

昨年、日本養豚協会「俺たちの豚肉を食ってくれ!」という、しゃぶしゃぶ&焼肉&豚汁を2日間で14,000皿用意したブースでは、日頃入手困難な全国各地の国産豚肉10~15銘柄をしゃぶしゃぶ等で食べくらべできる大チャンス!だそうです。今年は12月10日(土)のみ限定で豚汁も提供されるそうです。これはぜひ食べたいですね。

他にもお米をはじめとした農産物から乳製品、肉製品やジャムなどの加工食品まで幅広く美味しい野菜や果物、アツアツ料理、スイーツなどが販売されます。
また、食や農業をテーマとしたワークショップ、トラクターやコンバインなどの農業機械の試乗体験ができるコーナー、動物たちとふれあえるミニ動物園やアヒルレースなどもあります。

【詳細情報】
名称:第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016 ~農業と子どもの元気が日本を元気にする~
日時:2016年12月10日(土)~11日(日) 10:00~16:00 ※雨天決行
場所:日比谷公園 (大噴水広場、第2花壇、小音楽堂、にれの木広場)
最寄駅
・地下鉄日比谷線「日比谷駅」 A10~A14出口より徒歩2分
・地下鉄丸ノ内線、千代田線「霞が関駅」 B2出口より徒歩2分
・都営地下鉄「内幸町駅」 A7出口より徒歩2分
・JR、地下鉄有楽町線「有楽町駅」 日比谷出口より徒歩6分

問合せ先:第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016 事務局 03-6268-9500

【スポンサードリンク】

来場者数はどれくらい?

公式発表では例年60,000人近い来場者数、しかもその半数以上は小学生以下の子供を連れた親子だそうです。気になる混雑状況ですが、広い日比谷公園とはいえお昼頃はかなり混み合うようです。
特にワンワンなどのステージショーはとても人気があり、始まる直前に行くと座席の確保が難しいそうなので、確実に見るためには時間に余裕を持って行った方がいいですね。
開場と同時くらいに現地へ到着すると、まだ比較的空いているようですのでお出かけになるなら午前中の早い時間がおすすめです。

(こちらは2015年に行われたライブの様子)

今年はワンワンとアンパンマンのショー!

毎年大人気のステージショーですが、昨年はアンパンマンのショーのみでしたが、今年はワンワンがやってきます。どちらも“観覧無料”、場所は小音楽堂です。土曜日はアンパンマン、日曜日はワンワンと内容が別になっていますからご注意ください。

「それいけ!アンパンマン ショー」
2016年12月10日(土) 第1回目10:30~11:30 第2回13:30~14:30
☆イベント終了後には握手会も実施されます

「ワンワンとあそぼうショー」
2016年12月11日(日) 第1回目10:30~11:00 第2回13:45~14:15

どちらも子供に大人気のキャラクターです。当日の観覧は混雑が予想されますので、確実に見たい方は早めに座席を確保することをおすすめします。

まとめ

全国各地から新鮮な農産物が集まる「第7回ファーマーズ&キッズフェスタ2016」は12月10日(土)と11日(日)に日比谷公園で開催されます。
美味しい野菜や果物の他、乳製品や肉製品を食べたり買ったりするだけでなく、農業機械への試乗、ワークショップなど都会で暮らす子供たちには食育・農育にもなる、とても楽しいイベントです。来場者数は毎年60,000人近くとかなり多く、お昼頃には混雑するようです。

特にワンワンのステージショーはかなり混み合うようですから、確実に見たい方は早めに行くのがおすすめです。
冬の日比谷公園を家族でお散歩がてら見て回って、農業を身近に感じでみてはいかがでしょう。

関連記事:さっぽろ雪まつり2017 日程、期間はいつ?ゲストやイベントの内容は?

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る