【スポンサードリンク】

GW2017 子連れ、子供にぴったりのイベント【関東、東海、関西編】

子供がいるご家庭は、GWに子供が楽しめるお出かけスポットやイベントを探している方も多いのではないでしょうか?ということで、今回は2017年のGWに行われるイベントの中で、子連れや子供向けのものを中心にご紹介します。

関連記事:ゴールデンウィーク(GW)2017 期間はいつ?関西の極秘穴場5選

【スポンサードリンク】

GW2017 子連れ、子供向けイベント(関東)

【プラレール博 in TOKYO】
電車好きの子供が大好きなおもちゃ“プラレール”。東京では毎年GWにプラレール博が開催されています。2017年のテーマは『プラレールがいっぱい!ミュージアムに出発進行!!』、有料入場者には記念品ももらえます。とても人気があるイベントですし、2017年の開催日は全て土日祝なので混雑が予想されます。
絶対に行きたい方は当日並ばなくていいように、前売券をお求めくださいね。

期間:2017年5月3日(水祝)~5月7日(日)
時間:10:00~17:30(最終入場 16:30)
入場料:大人(中学生以上)1,000円(前売券900円)
子供(3歳~小学生)800円(前売券700円)

※入場記念品あり
※2歳以下は無料、入場記念品はもらえません

前売券発売日は2017年3月1日(水)~5月2日(火)

会場:幕張メッセ 国際展示場9・10ホール
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
お問い合わせ:03-5435-0604(プラレール博 in TOKYO事務局)

【NHKスタジオパーク 無料公開デー】
NHKスタジオパークは、人気番組や人気キャラクターのオリジナルコンテンツ、番組制作の舞台裏などの展示や体験コーナー、イベント、公開番組の収録などの観覧などができる体験型テーマパークです。通常、子供は無料ですがGW期間中は大人も無料になります。さまざまなコーナーがある中、「キッズワールド」では子供に大人気のEテレの幼児番組の世界を楽しむことができます。また、NHKアニメのアフレコ体験もできます。

期間:2017年4月29日(土)~5月7日(日)
時間:10:00~18:00(最終入場 17:30)
入場料:上記期間は無料
通常:大人 200円(高校生以下、18歳未満、65歳以上 無料)
所在地:東京都渋谷区神南2-2-1 NHKスタジオパーク
お問い合わせ:03-3485-8034

【サイクルドリームフェスタ】
5月5日は“自転車の日”です。日本自転車普及協会では、「自転車に乗ることの楽しさ」を体験でき、「正しい自転車の乗り方」を楽しく学べるイベントを毎年開催しています。スタンプラリーの実施、また親子で乗れる自転車や高級スポーツバイクなど、いろいろとユニークな自転車にも乗れることができます。

※この情報は2016年のものです。2017年の情報が正式に発表されましたら追記します。

期間:2016年5月5日(木祝)
時間:10:00~16:00
入場料:無料
会場:神宮外苑・聖徳記念絵画館前通り
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町1-1

【スポンサードリンク】

GW2017 子連れ、子供向けイベント(東海)

【富士サファリパーク「ナイトサファリ」】
富士サファリパークは、富士山山麓にある日本最大級のサファリパークです。園内で飼育されている動物の数も多く、設定されたコースを自家用車や専用バスで間近で見られるのが魅力です。
4月中旬からはナイトサファリが始まり、昼間とは違う夜行性動物の活発的な姿を見られることができ子供から大人まで楽しめます。

期間:2017年4月中旬~(土日祝)
時間:17:30~19:30
入場料:4歳以上 1,700円(ナイトサファリのみ、昼間は別料金)
会場:富士サファリパーク(正式名称:富士自然動物公園)
所在地:静岡県裾野市須山字藤原2255-27
お問い合わせ:055-998-1311

【プッチハッチ入園無料キャンペーン】
鈴鹿サーキット敷地内にある遊園地“モートピア”では、Newチララのハローガーデンのオープンを記念して、3月4日(土)から5月31日まで小学生以下の子供を対象とした入園無料のキャンペーンが開催されます。ハチのコスチュームを着たお子様1名を含む8名様までが対象となります。

期間:2017年3月4日(土)~5月31日(水)
時間:9:30~18:00
入場料:大人(中学生以上)1,700円(のりものパスポート付4,300円)
子供(小学生)800円(のりものパスポート付3,300円)
幼児(3歳以上~未就学児)600円(のりものパスポート付2,100円)
会場:モートピア
所在地:三重県鈴鹿市稲生町7992
お問い合わせ:059-378-1111(鈴鹿サーキット)

【全日本うまいもの祭り】
2013年からGWに開催される「食」の大イベントです。
来場者数は毎年10万人以上、北海道から沖縄まで美味しいグルメやスイーツが大集合します。また、パフォーマンスショーやライブ、ご当地キャラステージなども開催されます。青空の下、自然に囲まれながら子供から大人まで家族みんなで「うまいもの」をいっぱい食べて楽しめるイベントです。

※料金情報は昨年のものです。2017年の情報が正式に発表されましたら追記します。

期間:2017年4月29日(土祝)~5月7日(日)
時間:10:00~17:00(最終入場 16:00)
料金:大人1日券600円、小学生1日券200円
会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)大芝生広場
所在地:愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1

GW2017 子連れ、子供向けイベント(関西)

【2017トミカ博 in OSAKA】
男の子を中心に子供から大人まで大人気のトミカは、2002年から毎年GWに大阪でトミカ博が開催されています。2017年のテーマは『ようこそ!!あたらしいトミカタウンへ』、有料入場者には記念品ももらえます。とても人気があるイベントなので、絶対に行きたい方は当日並ばなくていいように、前売券をお求めくださいね。

期間:2017年4月27日(木)~5月7日(日)
時間:10:00~16:30(最終入場 16:00)
入場料:大人(中学生以上)900円(前売券700円)
子供(3歳~小学生)700円(前売券500円)

※入場記念品「TDMツナグーン」
※2歳以下は無料、入場記念品はもらえません

前売券発売日:2017年2月18日(土)~4月26日(水)
会場:大阪南港ATCホール
所在地:大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
お問い合わせ:06-6325-5777(トミカ博 in OSAKA事務局)

【鉄道甲子園】
2012年から毎年GWに開催されている鉄道甲子園は“子どものための都市型鉄道テーマパーク”をコンセプトに、さまざまな鉄道に関わるモノが集まるイベントです。
運転手気分が味わえる鉄道シミュレーター、子供が乗って楽しめるミニ電車(近鉄電車、京阪電車、阪神電車など)がある他、各地の鉄道会社の鉄道部品の展示、もちろん関連グッズの販売もあります。子供はもちろん鉄道ファンも楽しめます。

※この情報は昨年のものです。2017年の情報が正式に発表されましたら追記します。

期間:2016年4月29日(金祝)~5月5日(木祝)
※5月2日(月)は休館
時間:9:00~17:00
入場料:大人(中学生以上)1,200円(前売券1,000円)
3歳~小学生800円(前売券600円)

※前売券発売日 2016年3月1日(火)
※前売券のみ親子ペアチケット1,400円あり

会場:マイドームおおさか
所在地:大阪府大阪市中央区本町橋2-5 1階~3階 展示ホール
お問い合わせ:078-991-3911(神戸ワイナリー)

【世界最大級のダンス・オルガンで聴く「ミッキーマウス・マーチ」】
六甲山上にある100年以上前に作られた大型のオルゴールや自動演奏楽器の博物館、「六甲オルゴールミュージアム」では毎時30分から始まる特集コンサートで1938年ベルギー製の自動演奏オルガン(高さ約4.6m、幅約7.8m)で「ミッキーマウス・マーチ」ほか、ディスク・オルゴールで映画『アナと雪の女王』から「LET IT GO」などのディズニー映画の楽曲が演奏されます。
また、館内ではオルゴール組立体験もあり、自分だけのオルゴールを作ることができます。(別途料金)

期間:2017年3月3日(金)~5月11日(木)
開館時間:10:00~17:00(最終入館 16:30)
入場料:大人(中学生以上)1,030円、小人(4歳~小学生)510円
会場:六甲オルゴールミュージアム
所在地:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲
お問い合わせ:078-891-1284

【スポンサードリンク】

まとめ

2017年のGWの中の5月5日は「こどもの日」なので、やはり男の子向けのイベントが多いですね。他には、気候が良くなってくるので野外でのイベントなども増えてきます。
子供は大人以上に疲れやすいので、負担軽減のためにも人気イベントへのお出かけする際は前売券などの用意がおすすめです。

以上、「GW2017 子連れ、子供にぴったりのイベント【関東、東海、関西編】」でした。

関連記事:ゴールデンウィーク(GW)2017 期間はいつ?関西の極秘穴場5選

関連記事:GW2017 関東(東京、横浜)のイベント情報5選、混雑、渋滞を避けるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る