【スポンサードリンク】

皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!

見た目を大きく左右する皮下脂肪に悩んでいる女性、多いのではないでしょうか。確実に皮下脂肪を落とすための5つ方法を伝授したいと思います。そしてスッキリボディを手に入れるまでの期間についても解説します。短期間での実現を目指しましょう!

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:ヨーグルトダイエットでちょい痩せ3〜5キロ。朝・昼・夜の食べ方
関連記事:体重60キロだった女性が3ヶ月で15キロも痩せた!彼女がやった5つの方法
【スポンサードリンク】

皮下脂肪をしっかり落とすための方法5つ!

皮下脂肪を落とすためには、食事制限だけでも、運動だけでもいけません。この2つを組み合わせて、頑固な脂肪をメラメラ燃やしていきましょう!

【体内時計に合わせて食事を摂る】
24時間休みなく働いている内臓ですが、臓器によって活発に動く時間帯は違います。その性質を利用して、脂肪の燃焼効果を高めるタイミングで食事を摂るようにしましょう。朝食は、起床してから1時間以内に食べるようにします。消化活動に必要な肝臓の動きが良くなる時間帯なので、エネルギーになる主食、筋肉を作るタンパク質、バランスを整えるビタミン類をしっかり摂取するのがおすすめです。ガッツリ食べるなら、朝食の時間帯に!

昼食の時間帯は、胃が活発になります。このタイミングでお肉や魚からタンパク質を摂取しておくと体内の代謝量がアップして、脂肪をメラメラ燃やすのをサポートしてくれますよ。食べた後に軽く歩けば更に◎

夕食は、21時までもしくは、就寝3時間前には食べ終わるようにしておきましょう。難しい場合は、18時くらいに腹持ちのいいものを食べておいて、帰宅後は胃に負担をかけない具だくさんの野菜スープなどで軽く済ませるようにしたいところ。夕食の時間帯は、内臓は全体的にお休みモード。食べ過ぎると脂肪になる炭水化物は控えめにして、野菜中心の消化の良いメニューを心掛けましょう。胃に負担をかけないのが、就寝中に脂肪を燃焼させる秘訣です!

【カロリーよりも脂質に注意!】
皮下脂肪は気になるけど、どうしても間食が止められないという人は、食べるものに注意しましょう。市販のものを買う時は、カロリーではなく脂質の量をチェックします。脂質の量をチェックすると分かると思いますが、チョコレートやクリーム系、スナック系はかなり危険・・・!コンビニで買えるもので比較的脂質が少ないのが、大福。セブンイレブンの豆大福は、ジムのパーソナルトレーナーさんが間食に食べていることでも有名ですね。その他には、焼き芋や干しイモなんかもおすすめです。

【ミネラルウォーターを飲む!】
バーベキューで火をつけるために燃料や炭が必要なように、皮下脂肪を燃やすためにも必要なものがあります。それは「水分」。水分が不足すると脂肪が燃焼されにくくなってしまうので、ダイエット中は特に意識して、水分を摂るようにして下さい。いつもどれくらい飲んでいるか分からないという場合は、2Lのペットボトルを自分専用にして、1日で飲みきれるかチェックしてみるといいでしょう。食事の前後にコップ1杯の水を飲むようにするだけでも、1L以上の水分が摂取できますよ。

【有酸素運動でメラメラ燃やす!】
皮下脂肪は、内臓脂肪と違って食事制限だけでは落ちません。食事制限で落ちるのは筋肉。筋肉が減ると、脂肪はどんどん燃えにくくなってしまいますから、有酸素運動をプラスして脂肪を燃やしていきましょう。有酸素運動の代表はウォーキング。その他にも、エアロビ、エアロバイク、水泳などが挙げられます。20分以上しないと効果が出ないと言いますが、最初は時間に囚われる必要はないでしょう。まずは2週間、習慣化させてしまうことです。時間を気にするのは、毎日有酸素運動することに慣れてからでOK!続けやすそうなものから着手してくださいね。

【下半身から筋力強化!】
太ももに筋肉がつくと、代謝が大幅にアップします。筋肉がつくと言っても、ボディビルダーのようにムキムキになったりすることはないのでご安心を。おすすめは、少ない回数で高い効果が期待できるスクワット。1日10回やれば十分です。肩幅に足を開いてつま先を外側に向け、5秒かけてゆっくり上体を落とします。そのまま5秒キープし、5秒かけて最初の姿勢に戻りましょう。鏡を見ながら、上半身が前後に傾いていないかチェックするようにして下さい。

【スポンサードリンク】

皮下脂肪が落ちるまでの期間は?

脂肪には、内臓の周りにつく「内臓脂肪」と、全身につく「皮下脂肪」の2つがあります。男性につきやすいのが内臓脂肪、女性につきやすいのが皮下脂肪という考え方が一般的ですね。皮下脂肪は内臓の周りだけではなく、皮膚組織に蓄えられてしまうので、落とすまでに時間がかかります。

どれくらいの期間で皮下脂肪が落ちるかというのも、個人差が大きいところです。基礎代謝が大きい人、つまり筋肉が多い人ほど、短期間で皮下脂肪を落とすことができます。早い人なら1か月、遅くとも2か月目くらいからはジワジワと体脂肪は減っていくでしょう。1〜2ヶ月で効果が出始めるのであれば、十分短期間ではないかと思います。

見た目で「おっ、脂肪が減ってきたんじゃない?」と分かるのは、体重が2~3㎏落ちてきた頃からという方が多いですね。ただし、「体重が減る=皮下脂肪が減っている」とは限らないので、体脂肪計の数値を目安にするのがおすすめ。時間帯によって体脂肪率の数値が前後するので、毎日同じ時間に体脂肪をはかるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

まとめ

女性につきやすい皮下脂肪は、全身にまんべんなくついてしまうため、落とすのが大変です。見た目に痩せたと感じても、単に筋肉が減ってしまっている可能性も・・・。そうならないための方法は、食事を抜かないことと、毎日体を動かすことです。この2つを守れば、皮下脂肪は徐々に落ちていきます。期間は、短くて1か月、長くて2か月を目安に続けて下さい。3か月続ける頃には、体が慣れてきてリバウンドしにくくなりますよ!

以上、「皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!」でした。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:ヨーグルトダイエットでちょい痩せ3〜5キロ。朝・昼・夜の食べ方
関連記事:体重60キロだった女性が3ヶ月で15キロも痩せた!彼女がやった5つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る