【スポンサードリンク】

インフルエンザの潜伏期間 A型、B型はどれくらい?うつるの?

空気が乾燥して気温も下がって寒くなってくると、心配になるのがインフルエンザウイルスですよね。インフルエンザウイルスと言っても何種類かあるのをご存知ですか?よく聞くのは、インフルエンザA型とインフルエンザB型です。このA型とB型の違い、潜伏期間やどちらもうつるのかなどを調べていきたいと思います。

関連記事:インフルエンザ2017 流行するのはいつまで?

関連記事:インフルエンザ2017 子供の症状、咳、熱や嘔吐が出たときの対処は?

関連記事:ノロウイルス【2016→2017】時期・症状・対処・予防方法を解説

関連記事:【幼稚園】学級閉鎖の目安は?外出、習い事は禁止?家での過ごし方は?

【スポンサードリンク】


インフルエンザの潜伏期間 A型

インフルエンザA型は、インフルエンザウイルスの中では最も一般的なウイルスとされています。
とても感染力が強く接触感染によって人から人へと感染します。接触感染とは、衣類や手にウイルスが付着して感染したり、くしゃみや咳などの飛沫感染することを言います。
そしてA型の潜伏期間は1〜3日間です。感染すると38度以上の高熱が出ることが多いです。その他に、全身倦怠感や悪寒や関節痛などの症状が表れます。ちなみに、インフルエンザA型だけで、実に144種類もあります。すごい数ですね。

インフルエンザの潜伏期間 B型

インフルエンザB型は、数年おきに登場しA型の次に流行するインフルエンザウイルスです。
B型の潜伏期間も、A型と同じく1〜3日だと言われています。感染経路もインフルエンザA型とほぼ同じようです。インフルエンザA型の症状に加え、B型に感染すると、胃炎や上気道炎、気管支炎などの炎症を起こしやすい傾向が確認されています。インフルエンザB型は2種類しかなく、A型と比べるととても少ないですね。

【スポンサードリンク】

A型、B型どっちもうつるの?

インフルエンザA型にかかったから、もう今年はうつらない!なんて思っている方いませんか?A型にかかると、A型の免疫はつきますがB型の免疫はつかないのです。
と言うことは、インフルエンザA型が完治した後にインフルエンザB型に感染することがあると言うことになります。同時にインフルエンザA型とインフルエンザB型にかかる場合もあるようです。これは、潜伏期間などがずれてタイミングよく出たのでしょう。1度インフルエンザにかかったから大丈夫と安心することはできないということですね。

まとめ

毎年、死者が出ることもある恐ろしいインフルエンザ。A型もB型もどちらもうつりたくないですよね。特に、年配の方や小さなお子様がいるご家庭は感染しないかピリピリしてしまうと思います。
できる限りの予防を、早めにしっかりしましょう。そして、その年に1度感染したから大丈夫なんて思わず、完治した後も違うインフルエンザに感染しないように、手洗い、うがいやマスク着用、予防接種などしっかりインフルエンザ予防は続けましょう。

以上、「インフルエンザの潜伏期間 A型、B型はどれくらい?うつるの?」でした。

関連記事:インフルエンザ2017 流行するのはいつまで?

関連記事:インフルエンザ2017 子供の症状、咳、熱や嘔吐が出たときの対処は?

関連記事:ノロウイルス【2016→2017】時期・症状・対処・予防方法を解説

関連記事:【幼稚園】学級閉鎖の目安は?外出、習い事は禁止?家での過ごし方は?

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る