【スポンサードリンク】

子供の日焼け後のケア ローション以外にやるべき方法

元気な子供と毎日いっしょにいると意外と忘れがちな日焼けの対策。夏のプールや海水浴。キャンプなど屋外で活動する機会が増えますよね。夢中で遊ぶ子供を見ているのは嬉しいものですが、家に帰り着いたら顔や手が真っ赤になっていたなんて覚えありませんか?
今回は事前に日焼け対策を忘れてしまった場合の子供の日焼けケアについて、ローション以外にもやるべきおすすめの方法などをご紹介したい思います。

【スポンサードリンク】

子供の日焼け後のケアでおすすめな方法

<方法①>
まずはなにしろ冷やすようにします。帰り途中なら水で冷やしたタオルを焼けた箇所にあてておきます。家に帰り着いたら、水道の水か水のシャワーで冷やします。
それから保冷剤や氷などでさらに冷やします。直接肌にあてないように薄手のタオルかガーゼにくるんで、1箇所にあてすぎないように気をつけながら冷やします。

<方法②>
次にやるべきことは保湿です。焼けた肌は水分が不足しています。化粧水と保湿クリームをまんべんなく塗って肌から水分が抜けるのを防ぎましょう。化粧水では、アベンヌウォーターがスプレー式で手軽に使えるので、外出の時は持っておくといいでしょう。火傷にはアロエが良いので、アロエ成分が入った化粧水などもおすすめです。

<方法③>
体内の水分を補給する必要があるので、水分を忘れずに摂らせましょう。この場合、水やお茶ではなくスポーツドリンクを飲ませる方がいいです。
外で遊ぶ時はスポーツドリンクを持参する習慣をつけておくおくといいですね。

これらの方法は軽い火傷に場合のアフターケア方法です。あまりにひどい場合は、小児科か皮膚科の病院に連れて行きましょう。

【スポンサードリンク】

日焼けする前の対策

次からは日焼け対策をとって子供につらい思いさせないようにしたいですよね。では、対策方法をご紹介します。。

<日焼け止め選び>
日焼け止めクリームなどを塗るのが手早く効果的な方法です。ただ、敏感肌の子供には、紫外線吸収剤や合成ポリマーなどの素材が入ったものは刺激が強すぎるのでやめましょう。また、臭いや色がついているものより無臭、無色タイプのものがおすすめです。
事前にパッチテストをしておけばより安心ですね。
普段の外出程度ならばSPF10〜20程度のものでいいでしょう。プールや海水浴で長時間太陽の下にいる場合はSPF20以上のものを選ぶようにします。そして2時間おきくらいに塗り直すようにしましょう。

<帽子>
外で遊ぶは熱中症を防ぐ意味でも必要です。UVカットに優れた帽子や首の後ろまで日除けがついた帽子など紫外線対策がされたものを選ぶようにしましょう。

<サングラス>
子供でも紫外線から目を守るためにサングラスをかけた方がいいのです。最近は子供用サングラスが増えてきたので1個持っておくようにしましょう。フレームにゴムがついていて、落ちたりしないものも売られているので便利です。

まとめ

子供の日焼け後のケアは、まずはほてった肌を冷やすこと。そして、肌の水分と体内の水分の補給をすることです。一度失敗してしまったら、次からは対策をきちんと施して出かけるようにしましょう。

以上、「子供の日焼け後のケア ローション以外にやるべき方法」でした。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る