【スポンサードリンク】

眠気スッキリになる朝の食べ物10選!これで今日もバッチリ!

朝起きたとき眠気が取れず体がだるい、といったことは誰もが経験していると思います。そのままの状態では動くのもつらかったり、何とか会社や学校へ行っても全く集中できなかったり……どうにかしたいですよね。
そこで今回は、そんな眠気をスッキリ取るための朝食に適した食べ物は何か、ご紹介していきます!また、朝食を抜いた場合のデメリットについても解説します。

関連記事:眠気覚ましの方法はツボや食べ物で!仕事、勉強、運転中の眠気解消!

【スポンサードリンク】

眠気スッキリ!朝食に適した食べ物10選

<米、パン>

朝は、起きたばかりの体や脳に栄養を与えなければなりません。そのためには、いわゆる「主食」を摂取するのが一番です。また、歯ごたえのあるものを食べることも眠気覚ましに効果がありますので、フランスパンなどのハード系のパンを選ぶなどの工夫をするとさらに良いでしょう。

<わさび、唐辛子、梅干し、レモン>

辛いもの、酸っぱいものを食べれば、その刺激によって目が覚める、というのは想像がつきますよね。レモンなどの柑橘類を搾って飲んだり、わさびや梅干しのお茶漬けを食べたり、パンのトッピングに唐辛子を追加したり、主食と組み合わせて摂るように心がけましょう。

<味噌汁、野菜スープ>

いわゆる「主菜」、「副菜」を摂ることで、活動するための体に整えていきます。卵・豆腐・ワカメの味噌汁や、ウインナーやベーコンの入ったポトフなどがおすすめです。これらも主食と組み合わせるようにしましょう。

<ナッツ>

ナッツ類は、栄養価の高いものが多いです。また、カリッという食感も、ナッツ類の特徴ですよね。活動に必要な栄養と、目覚めに良い食感がそろっているうえ、手軽に食べることができるのでおすすめです。

<コーヒー>

やはりカフェインというのは眠気覚ましにはぴったりの成分です。和食派の方は、抹茶や緑茶でカフェインを摂ると良いでしょう。

ここまで10種類の食べ物をご紹介してきましたが、どれか一つをたっぷり摂れば良いということではありません。朝スッキリと目覚めて、日中元気に活動するためには、様々な栄養が必要です。バランスの良い朝食を心掛けてくださいね。

【スポンサードリンク】

朝食を抜くと、なぜ眠気が抜けないのか

朝食を食べない小学生は、毎日朝食を食べる小学生に比べてテストの成績が良くない、というデータがあります。これだけでも、朝食の重要性がわかりますよね。

栄養が足りなければ、頭がぼーっとしたり、体がだるかったりと、思うように活動することができません。夜寝ている間に消費された栄養は、朝食をしっかり食べることで補いましょう。そうすることで、集中力が増し、仕事も効率的に行うことができるはずです。

また、朝食を抜くことで、太りやすい体になってしまうと言われています。前日の夜から昼ごはんという長時間に渡って空腹が続くと、「いつ食事ができるかわからない、栄養を蓄えておかなければ」と体が判断するため、太りやすくなるそうです。

さらに朝食を抜くことで生活のリズムが乱れ、便秘にもなりやすいと言います。

朝食を抜くと、一日の栄養バランスにも影響が出てしまいます。現代人は、栄養が偏っていると言われますが、1食減らしてしまえばその分、品目数も自然と減ってしまいます。一日に必要な栄養を昼食、夕食だけで補うのは、相当厳しいでしょう。

まとめ

ここまで、眠気がスッキリする食べ物と朝食を抜くデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?朝食は、一日の活動を支える大切なものです。ご自分に合ったバランスの良い朝食を見つけて、朝から元気に過ごしてくださいね!

以上、「眠気スッキリになる朝の食べ物5選!これで今日もバッチリ!」でした。

関連記事:眠気覚ましの方法はツボや食べ物で!仕事、勉強、運転中の眠気解消!

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る