【スポンサードリンク】

年末調整とは?簡単にわかりやすく!いつまでに出すの?アルバイトやパートは?

【スポンサードリンク】

年末を前にすると、聞こえてくるのが「年末調整」。会社では、毎年年末恒例のイベントです。よく耳にはするけど年末調整って一体何?と思っている人は多いのではないでしょうか?今回は年末調整とは何か、いつまでに出すのか、パートやアルバイトも必要なのか、簡単にわかりやすくまとめてみました。

関連記事:年末調整と確定申告の違い 副業をやってたら両方必要?
関連記事:源泉徴収とはなにかわかりやすく説明します!パートやアルバイトでも必要?
関連記事:源泉徴収票とマイナンバー制度 様式はどう変わる?いつからで家族の分は?

【スポンサードリンク】

年末調整とは?簡単にわかりやすく言うと?

年末調整は、簡単に言えば一年の総決算です。サラリーマン場合、毎月お給料から税金を天引きされています。毎月、お給料から天引きされている所得税などは概算で引かれています。損害保険料などの控除額なども適用されていません。年の途中で、扶養家族が増えたり減ったりしてもその場でさかのぼって計算はされません。
なので毎月概算でお給料から天引きされている合計と、本来支払わなければいけない合計が合うことはありません。それを、年末に計算し直して多ければ還付、少なければ徴収と帳尻を合わすことを年末調整と呼ぶのです。

いつまでに出すの?

年末調整の最終期限は、1月31日です。なので2016年の税金に関してだと、2017年1月31日が期限になります。この最終期限は法的なものなので、実際は会社によって期限は異なりますので要注意です。従業員が多い会社であれば、早めに行う会社もあるようです。申告し忘れのないよう、自分が勤めている会社に年末調整の期限を確認しましょう。年末調整を会社でしてもらわなければ、自分で確定申告を行わないといけなくなります。

【スポンサードリンク】

アルバイトやパートも必要?

アルバイトやパート勤務の場合でも年末調整をする権利はもちろんあります。ですが、アルバイトやパートの場合は、年末調整の対象になる人と、対象にならない方と分かれます。
年末調整の対象となる人の条件は、

・年末の時点で勤務している人
・年間を通じてアルバイトやパートで得た年収が確定している人
・年末の時点で複数の勤務先に在籍をしていない人

対象となる人の条件はこの3点です。この3点に当てはまらない人は、年末調整の対象から外れることになります。

まとめ

今回は、簡単にわかりやすく年末調整についてまとめてみましたが、税金や控除はとても難しいですね。ですが、保険料などの提示で払いすぎた税金が返ってくることがありますので、しっかりと勉強して必要な書類は忘れずに早めに提出し払い過ぎの税金を取り戻しましょう。アルバイトやパート勤務の場合も対象となる人は年末調整を行いましょう。

以上、「年末調整とは?簡単にわかりやすく!いつまでに出すの?アルバイトやパートは?」でした。

関連記事:年末調整と確定申告の違い 副業をやってたら両方必要?
関連記事:源泉徴収とはなにかわかりやすく説明します!パートやアルバイトでも必要?
関連記事:源泉徴収票とマイナンバー制度 様式はどう変わる?いつからで家族の分は?

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る