【スポンサードリンク】

妊婦は温泉に入っても大丈夫なの?時期や泉質によって良い悪いがある!?

赤ちゃんが産まれると、子育てが忙しく旅行に行くのも難しくなります。その前にゆっくり温泉に行きたいという妊婦さんも多いと思いますが、「妊婦は温泉に入っても大丈夫?」と心配になりますよね?今回は妊婦が温泉に入ってもいいのか、妊娠時期や泉質の関係などについてまとめました。

【スポンサードリンク】

妊娠中、温泉に入るのは大丈夫?

結論から言うと、基本的に妊娠中に温泉に入ることは問題ありません。温泉の成分が胎児に影響を与えるといったこともありません。

1982年頃に制定された「温泉法ではこれまで温泉浴を避けるべき禁忌症に「妊娠中(特に初期と末期)」とありましたが、2014年に環境省により「医学的に根拠の無い基準である」ということから、項目から削除されました。

ただし、泉質によっては避けた方がいい温泉もありますので後述でご紹介します。

妊娠時期によって変わる?

妊娠中に温泉に入ることに問題はありませんが、気をつけないといけない事はあります。妊娠時期によって気をつけるポイントをご紹介します。

■妊娠初期
妊娠初期には、約15%の流産があるといわれています。安定期に入るまでは生活する上での注意が必要な時期となっています。

この時期に温泉に入ることにより、つわりや脳貧血、血圧の変化、出血、のぼせなど、様々な症状が出るおそれがあります。

高温のお湯に浸かると血圧が上昇し、めまいや脳貧血を起こしやすく、特に妊娠中にはそれらの症状が出やすくなるといわれています。

ぬるめのお湯でも長く浸かっていると逆に血管が拡張し、血圧が低下することから悪寒、吐き気、倦怠感などの症状が出ることもあります。

■妊娠中期・後期
妊娠中期・後期はお腹が大きくなり、体のバランスが悪くなっている状態です。

温泉の床は泉質によってはすべりやすくなっており、露天風呂などは岩場があり足場が悪くなっているため、転倒する危険性が高くなります。転倒により骨折や腹部、頭部を強打するなど、母体や胎児に影響を与えかねないため、温泉に入る際は手すりを利用するなど、細心の注意を払う必要があります。

また、後期で心配なのが「ヘルペスの感染」です。妊娠後期にヘルペスに感染すると、赤ちゃんが新生児ヘルペスになる危険性もあります。

一般的に大量のお湯の中ではウィルスの感染力は維持出来ないと考えられていますが、不特定多数の人が利用する施設では、イスやマット、洗面具、タオル類、脱衣所の衣服置き場などからヘルペスに感染する可能性も考えられます。

こういった物に直接触れるのはできるだけ避けるよう、自前のタオルを持参し、衣類などは直接脱衣所に触れないよう袋などに入れておくなど、注意が必要となります。

■臨月
臨月の時期は、ちょっとしたことで破水するリスクがあります。いつ出産のタイミングになるかわからないため、臨月の温泉は避けた方がいいでしょう。

以上のことから、妊婦が温泉に入ることには特に問題はありませんが、流産のリスクが高いといわれている妊娠初期や臨月はできるだけ避けた方がいいでしょう。

【スポンサードリンク】

温泉の泉質によって入れる入れないがある?

温泉の泉質には様々な種類があります。

妊娠中は肌が敏感になっていることもあり、刺激の強い「硫黄系」「強酸性」「強アルカリ性」「濃い塩化物泉」などは避けたほうがいいでしょう。

おすすめの泉質は「弱アルカリ性単純泉」です。

「ラジウム温泉」には微量の放射能が含まれているため、心配になる人が多いと思いますが、ラジウム温泉に含まれる放射能量はレントゲンと比べるとごくごく微量です。温泉にもよりますが約0.3~0.5μSvといわれており、日常生活において年間で約1500μSvの放射能を浴びていることを考えても、毎日入るわけではない温泉に関しては、気にしなくても良いレベルと考えられています。

まとめ

妊婦の温泉入浴について、妊娠時期や泉質などの注意点をいくつかご紹介しましたが、泉質に関しては胎児に直接影響をおよぼすことはないとされています。

ただし、肌への負担や転倒の危険も考え、泉質は選んだ方がいいでしょう。

最近ではマタニティプランのある温泉もあるようですので、そういったものも活用し、無理のないように温泉旅行を楽しんで下さいね。

以上、「妊婦は温泉に入っても大丈夫なの?時期や泉質によって良い悪いがある!?」でした。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る