【スポンサードリンク】

下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!

人の印象は見た目に左右されると言いますが、特に目が行きやすいのが上半身。ポッコリ出た下腹をダイエットして、綺麗なボディラインを手に入れましょう。運動と食事を組み合わせて、短期間で痩せる方法を5つご紹介します。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:体重60キロだった女性が3ヶ月で15キロも痩せた!彼女がやった5つの方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!

下腹ダイエットは短期間でも効果が出る?

体の中で一番短期間で効果が見込め、落としやすい贅肉は、お腹だと言われています。ですから、ダイエットが長続きしないという人は、まずは下腹ダイエットから挑戦するのがおすすめ。

お腹周りの脂肪を減らす前に、知っておいてほしいのが「体脂肪1㎏を減らすのにどれだけの運動が必要か」ということです。カロリーにすると、7200kcal消費するための運動量ということになりますね。なんと、ランニングや水泳の平泳ぎなら12時間、ウォーキングなら36時間に匹敵します!

「ちょっと食べ過ぎちゃったけど、運動すればいいか」というのが、いかに危険な考え方か分かりますね。ついつい食べちゃうその一口のために、どれだけの運動量が必要かよく考えましょう。食べた後に後悔するくらいなら、食べる量を調整するか、余計なお菓子は買わないことです。

【スポンサードリンク】

運動、食事を組み合わせた方法5つご紹介

一昔前の農民に下腹ポッコリの人がいなかったのは、和食中心の質素な食生活と、日々の農作業で体を動かしていたおかげ。下腹についた脂肪は、食べ過ぎ&運動不足によるものだということです。運動&食事で下腹をスッキリさせましょう!

【野菜は「冷」&「温」の組み合わせを意識する】
一時期ブームになった酵素ダイエットや食べ順ダイエットの影響で、生野菜ばかり食べていませんか?生野菜に含まれる酵素は、脂肪燃焼に効果的です。しかし、生野菜は内臓を冷やしてしまうので、基礎代謝を低下させてしまう危険性もあるのです。サラダだけではなく、温野菜も取り入れましょう。生野菜よりたっぷり食べられますし、内臓を冷やしてしまう心配もありません。特にニンジンは、生のままだとビタミンCを壊す酵素が入っているので、温野菜がおすすめです。

【内臓脂肪撃退!主食は玄米もしくは雑穀米に】
下腹ぽっこりの原因が内臓脂肪の場合は、主食を変えると早い段階で効果が目に見えてきます。おすすめは、玄米や雑穀米。白米と比べて硬いので、自然と噛む回数が増えて満腹感が得られます。顎が鍛えられるので、たるんだフェイスラインが引き締まるという嬉しいおまけつき!ただし、100%玄米にすると慣れるまでは美味しく感じないので、白米に1~2割混ぜることから始めてみましょう。この程度であれば、家族も違和感なく食べられるはずです。いちいち炊くのが面倒だという場合は、レトルトパックのものを利用しても。

【骨盤リセットで脂肪を落としやすくする】
生理周期に合わせて、開いたり、閉じたりしている女性の骨盤。女性の骨盤は、妊娠時に赤ちゃんが出てきやすいように柔らかい作りになっています。柔らかいということは、歪みやすいということでもあります。就寝前には歪んだ骨盤をリセットして、下腹の脂肪を落としやすくしておきましょう。布団の上で仰向けに寝転んで、両手で膝を抱えます。この時、膝とおでこがくっつくようにしましょう。背中のカーブを意識しながら、コロンコロンと前後に20回ほどゆっくり揺れます。肩こり改善にも効果的ですよ。終わった後は、手足を楽に広げてから何度か深呼吸します。

【スポンサードリンク】
【テレビを見ながら下腹ダイエット♪】
運動が続かない人の多くは、まじめな人。「○回やらなきゃだめ」、「○分以上やらなきゃだめ」なんて思うから、ストレスがたまって挫折してしまうのです。そこでおすすめしたいのが、テレビを見ながらのながらダイエット。両手を広げて床に寝転んで、足をまっすぐ揃えて伸ばしましょう。足をゆっくり上げて、90度になったところで3秒キープします。キープしたらゆっくりおろしましょう。この時に、下腹部がプルプルしていたら大成功。休みながらで良いので、続けましょう。ゴロンと横になる時の習慣にしてしまえば、どんどん脂肪を燃焼できますよ!

【一番効果的!?常に下腹意識!】
特別な運動をするよりも、下腹ダイエットに効果的な方法は、常に下腹に力を入れておくこと。座っている時も、歩いている時も、料理している時も、家事をしている時も・・・とにかく下腹を意識します。常にお腹を引っ込ませておくのは、1日50回の腹筋より効果抜群。短期間で下腹痩せしたいという方は、下腹を意識しやすいように、ピッタリしたトップスを着るのもおすすめです。
【スポンサードリンク】

まとめ

下腹は、最もダイエット効果がわかりやすい部分です。1~2週間で目に見えてスッキリしてくることも多いので、しっかり続ければ、「もっと綺麗になりたい!」とモチベーションがアップしますよ。運動と食事の2つを組み合わせた、短期間でのダイエット方法を試してみて下さいね。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:体重60キロだった女性が3ヶ月で15キロも痩せた!彼女がやった5つの方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る