【スポンサードリンク】

スキー場の積雪予想2016〜2017 北海道・新潟・長野・兵庫

もうそろそろスキーやスノボーの季節がやってきます。毎年行ってる人は、スキー場の積雪などの情報が気になりますよね。昨年2015年〜2016年のシーズンは、記録的な雪の少なさでスキー場がオープンできない場所もありました。今年は、どのくらいの時期からどれほど積雪があるのか。ウィンタースポーツには欠かせない積雪について、2016年〜2017年の全国平均積雪予想と、北海道、新潟、長野、兵庫の各地積雪予想もまとめました。

関連記事:2016年11月、関東で雪はなぜ?理由は?半世紀ぶりはラニーニャ現象!?

【スポンサードリンク】

2016年〜2017年の全国平均積雪予想

まずは、全国的にみてみましょう。今年の冬は、北日本は低気圧の影響を受けやすく北からの寒気の影響は少ないでしょう。そのため、気温は平年並みか高く予想され、積雪量は平年並みいか多いと予想されています。
西日本と沖縄や奄美大島では、大陸からの寒気が流れ込みやすく、気温は平年並みか低くなると予想されています。また、西日本日本海側の降雪量は、平年並みか多いと予想されています。平均気温や降雪量は、全国的に平年並みの予想のようです。

北海道のスキー場 積雪予想

スキー場が多い北海道では、雪が降ってくれないと困るという人も多いでしょう。北海道の平均気温や降雪量は平年並みと予想されていますので、期待できると思います。早いところでは、11月中にオープンするスキー場もあるようですね。

新潟のスキー場 積雪予想

2015年は、大雪となった北陸地方ですが2016年はどうでしょうか?北からの寒気の影響が少なく、気温が高になると予想されています。さらに、冬型の気圧配置が長続きせず雪や雨の日が少なくなる模様。結果、降雪量は少なくなると予想されています。

【スポンサードリンク】

長野のスキー場 積雪予想

本州では、スキー場の数がナンバーワンである長野県。有名なスキー場もたくさんあります。遠くから長野県までスキー旅行をしに来る人もたくさんいますよね!長野県は、ほぼ平年並みと予想されております。11月中旬にオープン予定のスキー場はたくさんあります。

兵庫のスキー場 積雪予想

あまり大雪が降ることのない兵庫県はどうでしょう?2016年の兵庫の積雪予想も平年並みのようですね。ただ、近畿地方の日本海側は多い確率と予想されているようです。

まとめ

2016〜2017年の冬は、平年並みの降雪量の予想ですので各地の積雪も期待できそうです。北海道、新潟、長野、兵庫、各地それぞれの良さがあるスキー場。バスツアーなどもたくさんありますので、今年は少し遠出をするのもいいかもしれませんね。各地スキー場により、オープン時期も様々ですので下調べをしてから行きましょう。

以上、「スキー場の積雪予想2016〜2017 北海道・新潟・長野・兵庫」でした。

関連記事:2016年11月、関東で雪はなぜ?理由は?半世紀ぶりはラニーニャ現象!?

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る