【スポンサードリンク】

ストレートネックとは?タオルを使った超簡単な治し方で頭痛や肩こり解消!

現代人に多い「ストレートネック」ってご存じでしょうか?頭痛や肩こりの原因にもなってしまいます。今回はストレートネックとはなにか?ストレートネックになってしまう原因や症状、ストレートネックになったときのタオルを使った超簡単な直し方などをご紹介します。

【スポンサードリンク】

ストレートネックとは?原因や症状

ストレートネックとは、首頚椎生理的前湾角度が30度以下の首の状態のことをいいます。言葉が難しいですが病名ではありません。簡単にいうと、首がまっすぐにゆがんだ状態のことを言います。慢性的な、首の痛みや頭痛、肩こりなどで悩んでいる方はこの角度が30度以下の方が多いようです。正常の角度は30〜40度です。

では、なぜストレートネックになるのでしょうか?原因は、慢性的なうつむき姿勢を取っていることです。長時間のパソコンやスマートフォンの使用。このふたつは、もっとも代表的な原因とされています。最近では、仕事でパソコンを使う人、スマートフォンの使いすぎが多く見られストレートネックが増えています。

他にも原因があります。猫背や悪い姿勢。バレエダンスや社交ダンスなどの過度な姿勢矯正をしている人にも、ストレートネックが多く見られます。姿勢を意識しすぎて、自然な首のアーチがなくなりまっすぐになってしまうようです。まっすぐになるだけではなく、ひどい場合は首が逆カーブになってしまうことも。では、ストレートネックになるとどのような症状が出るのでしょうか。

・肩こり
・頭痛
・上が向きにくい
・首が痛い、動かない
・ふらつきやめまい
・手のしびれ
・寝違いを繰り返す
・自律神経失調症
・逆流性食道炎
・胸焼けや吐き気
・鬱
・花粉症やアレルギー鼻炎

このように、たくさんの症状が見られ、人によっては深刻な病気なのです。

【スポンサードリンク】

タオルを使った超簡単な治し方

たくさんの原因からたくさんの症状が出るストレートネック。ところがタオルを使って超簡単に直せる方法があります。その前に、セルフチェックでストレートネックになっているかどうか調べてみましょう。

①姿勢を正して、壁に背中をくっつけます。
②顎を引きます。このとき、後頭部が壁に接するかどうかを確認!後頭部が壁に接していない方は、ストレートネックの可能性が高いです。

痛みなどの症状が出る前に、タオルで簡単に直しておきましょう。

①バスタオルを丸める。
②枕の代わりに丸めたバスタオルを首の下にしいて寝る。

これだけです。ものすごく簡単ですね。高さや太さは、自分にあうよう調節してください。これでこんな簡単に治るの?って思いますよね。だまされたと思って1ヶ月ほど続けてみてください。効果が出始めるはずです。

タオル以外の治し方

タオルを使って治す以外の治し方もあります。電気治療やストレッチ体操です。整体に行くなども効果的ですね。首を牽引したり、薬物療法や理学療法などもあるようです。色々試してみて自分に合った治し方を見つけるといいでしょう。

【スポンサードリンク】

まとめ

ストレートネックの症状を見るととても怖いですね。日常的な行動でなってしまうところも怖いです。もしかしたら私も頭痛持ちだけどストレートネック?と思った人は、ぜひセルフチェックをしてみましょう。そして、タオルを使った治し方をお試しください。

以上、「ストレートネックとは?タオルを使った超簡単な治し方で頭痛や肩こり解消!」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る