【スポンサードリンク】

体重60キロだった女性が3ヶ月で15キロも痩せた!彼女がやった5つの方法

【スポンサードリンク】

雑誌やテレビに出てくる芸能人は、スラリとした女性ばかり。でも、「芸能人だから痩せてて当然」なんて思っていたら、いつまでたっても痩せられないまま。変わりたいと思った時がチャンスです!今回は、体重60キロだったある女性が3ヶ月で15キロも痩せた5つの方法をご紹介します。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:お腹の脂肪を落とすため、女性でも1ヶ月続ければいい3つの運動方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!
【スポンサードリンク】

体重60キロは太ってるの?

そもそも体重60キロというのは太っている、と言うのでしょうか?
体重の重さだけで、太っているか痩せているかを判断することは出来ません。というのも、体型は身長と体重のバランスで決まるからです。太っているかどうかの目安として使われるのが、身長と体重を計算して出たBMIの数値です。

日本人女性の平均身長は、154.2㎝。計算しやすいように、155㎝だと仮定してBMIを計算してみました。
・標準体重(BMI22) 52.9キロ
・美容体重(BMI19~20) 45.7~48.1キロ
・モデル体重(BMI) 40.8キロ

標準体重というのは、健康面で見た理想的な体重のことです。スラリとしていて、見た目に綺麗だなと感じるのが、美容体重の範囲。モデル体重は、雑誌に登場するような女性たちの目安体重です。ちなみに、モデルのくみっきーさんは155cmで38.5㎏、板野知美さんは154㎝で36.8㎏と公表しています。

体重60キロの場合、身長が170㎝あれば、ちょうど美容体重におさまる範囲といったところ。モデルさんの中には50キロ台の人もいますが、170㎝60キロなら十分スリムな体型です。ただし、身長が150~160㎝前半と低めの場合には、スリムだとは言えません。

ちなみに、お笑い芸人のいとうあさこさんは、162cmで60キロ(2015年ダイエット企画前)。森三中の黒沢かずこさんが158㎝で65キロ、ハリセンボンの春奈さんが155㎝で65キロですから、身長が低ければ低いほど、ぽっちゃりした印象を与えることが分かりますね。


体重60キロの女性が15キロも痩せた方法5つご紹介

身長と体重のバランスを見て、ダイエットが必要だと感じた方のために、5つのダイエット方法をご紹介します。体重60キロから15キロ痩せた方の体験談をもとにしているので、効果は抜群です!

【スポンサードリンク】
【①朝食を見直す】
朝起きたら、代謝アップのために「白湯」を飲みましょう。本来なら、やかんでコトコト沸かしたものを冷まして飲むのが一番ですが、レンジで2分ほどチンしたものでも構いません。起きたばかりの内臓は動きが悪いので、温かい白湯で目覚めさせてあげましょう。内臓の動きが良くなると、お通じがよくなりますよ。朝食を食べないという人は、バナナ1本、おにぎり1個でもいいので、口に入れる習慣をつけましょう。お相撲さんは、1日2回の食事で太った体を保ちます。朝食抜きは、お相撲さんと同じ食生活!そうならないためにも、軽くでもいいから食べておくことです。消化のリズムを考えると、起床から30分~1時間以内に食べるのがおすすめですよ。

【②主食をチェンジ】
ダイエット中でも、主食(炭水化物)を食べてはいけないということはありません。ただし、「白い主食」はなるべく避けましょう。白米、食パン、菓子パンなど、精製されたお米や白米は血糖値を急上昇させて、体に脂肪を蓄えやすくしてしまいます。白米を玄米に、食パンを全粒粉&ライ麦パンや米粉パンにチェンジしましょう。それだけで、血糖値の上昇は穏やかに。茶色い主食には、食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれているので、ダイエット中の栄養不足をカバーする狙いもあります!

【③食べる順番を意識する】
ご飯、味噌汁、野菜サラダ、豚肉の炒めもの。全く同じ4つのメニューでも、食べる順番を変えるだけで太りにくくなります。まず最初に食べるべきは「酵素」が期待できるもの。生のサラダや、お刺身、果物などです。次は、お腹を温める汁物。そして、メインの肉や魚料理。一番最後に食べるのが、ご飯です。この順番にするだけで、体の中に脂肪をため込みにくくなります。味の濃いおかずとご飯を交互に食べるのはご法度。ご飯をおかわりしたりと、カロリーオーバーになりやすいです。ご飯を食べ終わった後に物足りないようなら、汁物もしくは温かい飲み物で胃を落ち着かせましょう。物足りないときに、ご飯をプラスするのは太るもと!

【④夜ご飯を見直す】
夜は寝るだけなので、余分に食べ過ぎた分は脂肪になると心得て。体重を落としたいなら、夜ご飯は主食を抜くか減らしましょう。たんぱく質をメインにしたメニューなら、寝ている間のお肌や筋肉の回復をサポートしてくれます。内臓は温かい方が消化活動が活発になるので、冷たいサラダよりは温野菜、冷製スープよりは温かい味噌汁がおすすめです。

【⑤効果抜群!週末断食】
朝、昼、夜を酵素ドリンクだけで過ごし、翌日の朝は酵素ドリンク、昼は軽め、夜から普通に食べ始めるだけでOKです。体のむくみがひどい人や、インスタント食品をよく食べる人は、体内に不必要なものがたまっている可能性大!週末だけのプチ断食で、体の中をデトックスしちゃいましょう。水分代謝が悪い人は効果が出やすいので、1回のプチ断食で1~2㎏減ることも。万が一体重が落ちなくても、プチ断食で体の中がキレイになっていくので、その後の食生活を気をつけていけば、どんどん痩せ体質に近づいていきますよ!
【スポンサードリンク】

まとめ

若い頃は食事を抜くだけで体重が落ちますが、年齢を重ねて代謝が低下してくると、簡単に体重は落ちません。長期戦のダイエットが必要になってくるので、毎日続けられる方法を実践するようにしましょう。体重60キロの女性が痩せた方法は、どれも無理のないものばかり。まずは1つからでもいいので、ぜひ試してみて下さいね。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:お腹の脂肪を落とすため、女性でも1ヶ月続ければいい3つの運動方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る