【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 ボランティア募集条件情報! 種類やユニフォームは?

【スポンサードリンク】

2020年の東京オリンピックではボランティアの活躍が期待されています。せっかく日本で開催されるオリンピックなので、「自分も何かしらの形でお手伝いをしたい!」という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はボランティアの種類と募集の条件についてご紹介します。また、気になるボランティアユニフォームのデザインについても調べてみました。

関連記事:東京オリンピック2020 会場見直し!新しい候補はどこ?
関連記事:東京オリンピック2020 問題点を整理!経済効果によるメリット、デメリットは?
関連記事:東京オリンピック2020 日程、開会式、閉会式はいつ?競技別の日程、競技場リスト
関連記事:東京オリンピック2020 選手村の場所候補はここ!
関連記事:東京オリンピック2020 記念硬貨(メダル)の予約はいつから?申込み方法はこちら
【スポンサードリンク】

東京オリンピック2020 ボランティア募集の条件

オリンピックのボランティアは通常、報酬や交通費などは出ず、宿泊も自分で手配します。おそらく東京オリンピックのボランティアも同じかと思われます。加えて、大きな大会ですから様々な条件があると言われています。

【オリンピック、ボランティアの条件】
・コミュニケーション能力がある
・日本語と外国語が話せること
・1日8時間、10日間以上働けること
・採用面接や3段階の研修を受けることができること
・2020年4月1日時点で18歳以上であること
・競技の知識、もしくは観戦経験があること

以上の要件を備えた人が組織委員会の望むボランティアの条件なのだそうです。これだけ読むとボランティアで雇うにはちょっと都合が良いというか、集めることは厳しい気がしますね。
ただ世界から人が集まる大会ですから、外国語が話せることはもちろん、オリンピックのボランティアともなると事前研修は必要でしょうし、半日だけ働くようなことになれば、人の出入りが多くなって保安上かえって大変かもしれませんから仕方ないのかも。
これはあくまでも現段階で検討しているものであって、正式な募集条件ではありません。募集が始まる2018年夏頃には詳細が決められるそうです。

ボランティアの種類は?

ボランティアの種類には「大会ボランティア」と「都市ボランティア」の2種類があります。それぞれ運営している組織が違うので、分けてご紹介します。

≪大会ボランティア≫
・募集、運営組織
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

・規模
約8万人(想定)

・募集開始時期
2018年夏頃を予定

・内容
オリンピック・パラリンピックの大会運営に従事。具体的には観客サポート・競技サポート・メディアサポート・輸送などの業務。活動場所は競技会場や選手村などの大会に関係する会場に配属される。

≪都市ボランティア≫
・募集、運営組織
東京都オリンピック・パラリンピック準備局

・規模
1万人以上(予定)

・募集開始時期
2018年夏頃を予定(一般の募集開始)

・内容
国内外からの観光客へ観光案内交通案内。活動場所は空港、駅、観光スポットなど。

このように、大会ボランティアと都市ボランティアでは内容もかなり違います。どちらも2018年の夏頃から募集開始するので、それぞれ自分に合ったものを選んで応募するといいですね。

【スポンサードリンク】

ユニフォームのデザイン

前都知事の舛添氏の時に東京オリンピックのボランティアのユニフォームが話題になりました。

volunteeruniform
(出典 http://www.fashionsnap.com)

こちらがそのユニフォーム。ネット上ではもっぱら「ダサい!!」と悪い方の意味で話題になっていました。ただ、これは東京都観光ボランティアの制服“おもてなし制服”ということで、大会ボランティアや都市ボランティアのユニフォームではなく、正式にはまだ決まっていません。
ネット上では賛否両論あったこの制服、若手デザイナーの藤江珠希さんがデザインしたものです。正式なものはどなたがデザインするのでしょう?楽しみですね!

まとめ

2020年の東京オリンピックについて競技会場のことなどニュースで取り上げられることが多いですが、それ以外でも既に色々なところで準備が進んでいます。
ボランティアについては大会ボランティアと都市ボランティアの2種類あり、それぞれ運営組織や内容が違います。募集条件についての詳細はまだ正式には発表されていませんが、語学力をはじめ様々な条件が求められそうです。2018年の夏頃には詳細が決まるそうなので、ボランティアを希望している方は、自分にあった方を選ぶといいでしょう。
また、ユニフォームはまだ決まっていません。どのデザイナーでどんなものになるのか気になりますね。せっかく日本で開かれるオリンピックです、観戦するだけでなくボランティアとしての参加を検討してみるのもいいかもしれませんね。

以上、「東京オリンピック2020 ボランティア募集条件情報! 種類やユニホームは?」でした。

関連記事:東京オリンピック2020 会場見直し!新しい候補はどこ?
関連記事:東京オリンピック2020 問題点を整理!経済効果によるメリット、デメリットは?
関連記事:東京オリンピック2020 日程、開会式、閉会式はいつ?競技別の日程、競技場リスト
関連記事:東京オリンピック2020 選手村の場所候補はここ!
関連記事:東京オリンピック2020 記念硬貨(メダル)の予約はいつから?申込み方法はこちら
【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る