【スポンサードリンク】

クリスマスイブの意味 恋人とデートする日ではない!?

クリスマスとクリスマスイブにはどんな違いがあるのかご存知ですか?クリスマスイブの意味や実はクリスマスイブは恋人とデートする日ではなかったことなど、クリスマスイブとクリスマスの謎についてまとめてみました。

関連記事:クリスマスツリーの飾り方のコツ 順番をおさえてキレイに飾る!
関連記事:クリスマスツリーの飾りには意味がある!玉をつける理由
関連記事:クリスマスマーケット2016(東京)日比谷、六本木の開催期間や詳細情報
関連記事:クリスマスイルミネーション2016〜2017 東京〜関東オススメスポット10選!

【スポンサードリンク】

クリスマスイブの意味

クリスマスイブの意味は、一般的に12月24日、つまりクリスマスの前日とされ、12月25日はクリスマス本番となっています。ですが、それは間違っているんです。

実はクリスマスイブはクリスマス・イブニングの略なんです。よって、クリスマスイブのイブは「evening(=晩)」の過去分詞のevenの最後のnが取れた「eve」という意味なんです。
つまりクリスマスイブは「クリスマスの前日」ではなく「クリスマスの夜」というが本当の意味になります。ですがクリスマスの夜という意味ならクリスマスイブって12月25日の夜の事なの?と混乱してしまいますよね。

「クリスマスイブ=クリスマスの夜」とはどういうことかというと、クリスマスイブがクリスマスの一部という意味なのです。つまりクリスマスイブもクリスマスそのものということです。

正確にはキリスト教でいうクリスマスはこの様に定義されています。

・クリスマスは12月24日の日没から12月25日の日没まで
・クリスマスイブは12月24日の日没から、日付が変わる12月25日深夜0:00まで

xmas-001

このように「クリスマス」の中に「クリスマスイブ」があるイメージです。
この定義からすると、クリスマスは12月25日の日没までなので12月24日の日没から12月25日の深夜0:00までがクリスマスイブということになりますね。

【スポンサードリンク】

恋人とのデートの日ではない!?

クリスマス、クリスマスイブといったら愛する恋人と過ごすイメージが強いかと思います。でも実はそう思っているのは日本人だけです。
例えば、キリスト教徒ではなくても欧米ではクリスマスには家族と過ごす事が一般的とされています。欧米では多くの企業がクリスマス休暇(クリスマスホリデー)を起用していて、期間も長いため、そのまま新年を迎える事となります。なので欧米では日本と違いクリスマスはお正月のような感覚だそうです。

それに比べ日本はクリスマス休暇というものはなく、年末年始の休暇になります。ですからお正月は実家に帰り、家族・親族と集まり、クリスマスは恋人と過ごす。という風習になっているようです。
欧米でもクリスマスは恋人とのデートの日ではないと決めつけられているわけではありませんが、家族と過ごすのが一般的な日ということになります。
また宗教の宗派によっては教会でミサを行うのも欧米では一般的ですね。

まとめ

今まで思っていた「24日はクリスマスイブで25日はクリスマス」が間違っていたと知って驚いている人もいるかもしれません。25日の夜にはクリスマスが終わっているので、25日の夜にクリスマスパーティをするのは正確に言うと間違いです。
日本ではクリスマスは恋人と一緒にいるのが一般的ですが、本場の欧米では家族と過ごすの一般的です。やはりクリスマスのお祝いは24日の夜に行う方が雰囲kも出ていいようです。

以上、「クリスマスイブの意味 恋人とデートする日ではない!?」でした。

関連記事:クリスマスツリーの飾り方のコツ 順番をおさえてキレイに飾る!
関連記事:クリスマスツリーの飾りには意味がある!玉をつける理由
関連記事:クリスマスマーケット2016(東京)日比谷、六本木、開催期間や詳細情報
関連記事:クリスマスイルミネーション2016〜2017 東京〜関東オススメスポット10選!

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る