【スポンサードリンク】

ヨーグルトダイエットでちょい痩せ3〜5キロ。朝・昼・夜の食べ方

【スポンサードリンク】

辛い食事制限は長続きしなくても、毎日の食生活をほんの少し変えるだけなら続けられそうだと思いませんか?今回ご紹介するのは、ヨーグルトでちょい痩せするダイエット方法です。朝・昼・夜の目的別の食べ方と、得られる効果の違いについてお伝えします。

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:お腹の脂肪を落とすため、女性でも1ヶ月続ければいい3つの運動方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!
【スポンサードリンク】

ヨーグルトダイエットの効果

ヨーグルトダイエットで得られる効果は、大きく分けて2つあります。1つめは、皆さんご存知の通り便秘を解消すること。腸内の環境を整えて、排便リズムを整える効果があります。2つめは、代謝をアップさせる効果。腸内の環境が整うと、体の中の不要なものがたまりにくくなります。内臓の活動が活発になることで体の代謝がよくなり、同じものを食べても太りにくい体づくりを目指すことが出来ます。

ただし、ヨーグルトを食べるだけで体がひきしまったり、筋肉がついてやせるということはありません。体を引き締めるためには、運動をプラスして筋肉をつける必要があります。

ヨーグルトダイエットで出来るのは、体内にたまっている不要なものを排出すること。痩せる目安は、もともと痩せ型の人で1㎏前後、どんなに多くても3~5kgといったところです。体重の減少幅は大きくありませんが、その分リバウンドしにくいので、万年ダイエッターさんも安心して取り組んでくださいね。

【スポンサードリンク】

朝・昼・夜の食べ方、やり方

そんなオススメのヨーグルトダイエットですが、朝、昼、夜で食べ方ややり方に違いがあります。

『朝』のヨーグルトダイエットがおすすめなのは、便秘気味もしくは、排便回数を増やしたいという人。某ヨーグルト開発研究所が行った研究によれば、朝・昼・晩の3回のうち、最も便秘解消効果があったのが朝の時間帯に食べるヨーグルトでした。

胃が空っぽの状態だと、胃酸の影響でヨーグルトの菌が死滅してしまう恐れがあるので、朝食後30分以内に食べるようにしましょう。1回あたりに食べるヨーグルトの量は200g。ヨーグルトのみで食べるか、旬の果物をプラスして食べるのがおすすめです。

『昼』のヨーグルトダイエットがおすすめなのは、なるべく短期間で体重を落としたいという人。昼食をヨーグルトのみに置き換えることで、短期間での体重減を目指します。ただし、毎日だとストレスがたまってしまうので、週末の1日だけなど、日を決めて行うようにしましょう。

1回に食べるヨーグルトの量は、400~450gです。無糖ヨーグルトの大きなパック1つ分を目安に考えて下さい。そのまま食べると腸内が冷えてしまうので、食べる前に白湯を1杯飲んだり、ヨーグルトをレンジで軽く加熱してホットヨーグルトにして食べるといいでしょう。

『夜』ヨーグルトダイエットが向いているのは、美肌効果や免疫力UPを期待する人。腸のゴールデンタイム(22時~2時)に合わせてヨーグルトを摂取する方法です。眠っている間に体内環境を整えてくれるので、肌トラブルや体質改善に効果を発揮します。ヨーグルトに含まれるトリプトファンのおかげで、快眠効果も期待できますよ。

1回に食べる量は、100~150g。100kcal以内になるようにします。寝る直前に食べてしまうと睡眠を妨げて逆効果になるので、就寝3時間前には食べるようにしましょう。夕食の時間が遅くなってしまう場合は、夕食にヨーグルトをプラスしても構いません。

ヨーグルトダイエットの食べ方に共通した注意点ですが、ヨーグルトは無糖のタイプを選ぶようにして下さい。加糖タイプには、砂糖や甘味料などの添加物がたっぷり含まれているので、ダイエットには不向き。そのままだと食べにくい場合は、美容効果の高い蜂蜜やメープルシロップをプラスするのがおすすめです。

お腹が冷えやすかったり、胃腸が弱い人の場合、冷たいヨーグルトが内臓を冷やして便秘が悪化することがあります。レンジ500Wでヨーグルトを20~30秒ほど過熱して、温めてから食べるといいでしょう。菌は過熱しても死滅しないのでご安心を。ただし、長く加熱しすぎるとヨーグルトが分離してしまうので、様子を見ながら加熱時間を調整しましょう。加熱後に出てくる水分(ホエー)には美肌効果があるので、捨てないで一緒に食べるようにして下さいね。

【スポンサードリンク】

まとめ

ヨーグルトダイエットを行うメリットは、リバウンドしにくいということ。体の内側から整えることができるので、ダイエット効果と美肌効果が同時に手に入ります。朝・昼・夜のどのタイミングで摂取するかによって得られる効果が変わってくるので、目的に応じた食べ方を実践してみましょう!

関連記事:下腹をダイエットしたい!運動、食事など短期間で効果がわかる方法5つ!
関連記事:お腹の脂肪を落とすため、女性でも1ヶ月続ければいい3つの運動方法
関連記事:皮下脂肪が気になる女性へ!落とすための方法5つ!短期間で勝負!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る