結婚式のブーケトスが落ちたら…拾うべき?それとも拾わない?

結婚式でのブーケトスは、新郎新婦と参列者みんなが楽しめていいですよね。

ブーケトスは、花嫁の幸せをおすそ分けする、という意味で始まったそうです。

自分がとってもハッピーなときは、周りの人にもハッピーになって欲しいものです。

そんな大切な場面のはずですが、もしブーケが誰の手にも渡らず、ポトンと落ちてしまったら…。

何とも気まずそうな雰囲気が想像できますね。

係りの人の指示を待てばいいのでしょうか?

それとも拾ってしまったほうがよいのでしょうか…?

そんな聞くに聞けない疑問に、これからお答えしていきます!

ブーケトスが落ちてしまう理由、落ちてしまったときどうすればその場にとってベストかを知っておけば、もしそのような状況になっても落ち着いて対処できると思います!

ブーケトスが落ちてしまうのはなぜ?

まずは拾うか拾わないかという気まずい場面を生んでしまう、ブーケトスが落ちる原因を探っていきましょう。

1つ目の理由に、「遠慮」があります。

これはもう日本の文化もあり、しょうがないことだと思います。

立っていただけで、ただ手を出したらそこにちょうどブーケが来た、となれば本当に何事もなく終わり、みなさん拍手でその場がおさまってくれます。

でも誰かが足を踏み出したり、手を精一杯伸ばさなければ、ブーケが落ちてしまう状況になることも十分考えられます。

「取れたらもちろんうれしいけど、周りの人も欲しいだろうし…」

「すごい必死になって取りに行ったら恥ずかしいし…」

というような気持ちで並んでいる女性も何人かいるのではないでしょうか?

誰か1人でも取ろうとする人がいればいいのですが、その遠慮がちの人たちの方へブーケが向かうと…ポトンと落ちてしまうんですね。

ブーケトスが落ちるもう1つの理由に、「周りの環境」があります。

たとえば、バルコニーのような場所から1階にいる参列者に投げる、という場面だと天井に当たって勢いよく落ちてしまうことも考えられます。

花嫁本人も式場の下見をしていて、どのように投げればブーケが無事に届くかは事前に把握していると思います。

ですが当日は気分が高揚し、そんなことは投げる直前に冷静に思い出せないと思うんですよね。

私の友人はブーケトスに参加したとき、まさにこの状況になってしまったそうです。

でも真っ逆さまにストンと垂直に落ちていったので、その場で笑いが起き、そばにいた係りの人が、もう1回と促してくれ、無事終わったみたいです。

このようなハプニングみたいだと楽しい雰囲気になり、落ちてしまっても焦ることはなさそうですね。

それで結局、拾うべきか、拾わないべきか…?

結論から言うと、「拾うべき」だと思います!

なぜかをこれからいっしょに見てみましょう。

ブーケが落ちても縁起が悪いわけではないから大丈夫!

ブーケトスを受け取ることで「次に結婚できる」というジンクスがあります。

なので「落ちたブーケを拾う」と聞くと、何だか「幸せを逃す」というような、何か縁起が悪いことが起きるのでは?と想像する方もいるかと思います。

でも安心してください。

落ちたブーケを拾うことに縁起が悪いことは何もないので、拾っても大丈夫ですよ。

花嫁の気持ちを考えてみて

自分がブーケを投げた花嫁だと思ってみましょう。

友人たちにもハッピーになって欲しくて、精一杯投げたブーケがたまたま運悪く落ちてしまいました。

係りの人がその場ですぐ何かしら対処してくれればOKです。

でも状況的にそうはならず、シーンとなってしまったら…。

「みんなブーケトスに参加したくなかったのかな…」

「みんな私の結婚を祝ってくれてないのかな…」

花嫁はこんなふうに感じて不安になり、悲しい気持ちになってしまうのではないでしょうか?

たとえ自分はブーケを欲しいと思っていなくても、自ら拾いに行ってそこで笑顔になったら、花嫁はとても喜んでくれるんじゃないかと思います。

ブーケトスは参列者の幸せを思ってのことですが、花嫁の気持ちもくみとり、みんながよい結婚式になるように配慮し合えたらいいですね。

まとめ

ブーケトスが落ちてしまうのは、参列者が受け取ることに遠慮し合うときや、周りの環境が原因のときがある。

ブーケトスがもし落ちたら、拾ったほうがよい。

落ちたブーケを拾うことは縁起が悪いわけではないし、花嫁の気持ちを考えると、拾ってあげたほうが優しさが感じられる。

たくさんの人の笑顔で満たされる結婚式。

よい思い出になるよう精一杯、新郎新婦の幸せをお祝いしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る