【スポンサードリンク】

横浜開港祭2017の日程 花火の穴場や屋台情報や交通規制を解説!【映像入り】

今年で36回目を迎える「横浜開港祭」。花火やショーなど様々なイベントが開催され、毎年約70万人もの人が訪れます。今回は2017年の「横浜開港祭」について、日程、花火の穴場や屋台、交通規制情報などをご紹介します。

【スポンサードリンク】

横浜開港祭2017の日程

2017年、横浜開港祭の日程、開催期間は以下です。

6月2日(金)
6月3日(土)

この日程で、臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺で開催されます。

横浜開港祭2017の花火の穴場情報

花火は最終日の6月3日(土)の19時20分から臨港パークの海上で行われますが、臨港パークはメイン会場となる為かなり混雑します。人ごみを避けてゆっくり観賞したいという方に、おすすめの穴場スポットをいくつかご紹介します。

◯カップヌードルミュージアムの海側の芝生エリア
(神奈川県横浜市中区新港2-3-4)
メイン会場から比較的近く、混雑も少なめです。とはいえ、昼頃には場所取りをする人が集まり出すので、午前中に行くことをおすすめします。

◯ぷかり桟橋
(神奈川県横浜市みなとみらい1丁目)
パシフィコ横浜の海側入口近くにある客船ターミナルです。メイン会場から近くですが、人は少なめのようです。例年、この場所には横浜開港祭スタッフ用のテントが設置されますが、花火の打ち上げ前になると撤去される為、そのタイミングで場所を確保することができます。

◯港の見える丘公園
(神奈川県横浜市中区山手町114)
花火の打ち上げ場所からは少し遠くなりますが、高台にある為花火は十分楽しめます。遠くなる分人が少なく、小さいお子さんがいる方などにはおすすめです。

◯山下公園
(神奈川県横浜市中区山下町279)
こちらも打ち上げ場所からは遠くなる為、混雑も少なくゆっくり花火を楽しむことができます。ここで場所取りをする際は木が多い為、花火の見えづらい場所もあるので注意して下さいね。

【スポンサードリンク】

(2016年 横浜開港祭、花火の様子)

横浜開港祭2017屋台情報

2017年の横浜開港祭に出店する屋台の情報はまだありませんが、2016年はグルメカーニバル会場にて、トルコアイスやシシカバブ、崎陽軒のシュウマイなど様々な屋台や移動販売車での出店があった他、横浜のスウィーツNo.1を決める「yokohamaスウィーツパラダイス」が開催されました。

また、実行委員会は異なりますが、横浜開港祭関連の行事の一つとして5月31日から「横浜開港記念バザー」が開催され、その中の飲食ブースでは「名物!ご当地グルメフェア」と称し、佐世保バーガーや富士宮やきそば、広島焼きなどの屋台が並んでいました。

2017年はどんなフードイベントが開催されるのでしょうか?とても楽しみですね。

(yokohamaスウィーツパラダイスの様子)

横浜開港祭2017 交通規制情報

横浜開港祭では、毎年交通規制は行われていません。その為周辺道路はかなりの渋滞が予想されます。当日は公共交通機関を利用する方が良さそうですが、こちらも混雑が予想される為、時間に余裕を持ってお出かけされる方がいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

まとめ

2017年の「横浜開港祭」について、日程や屋台、交通規制の情報などをご紹介しましたが、このお祭は「関東で最も早い花火大会」といわれており、毎年多くの人が訪れる人気のイベントです。ご自分にあった穴場スポットを探して、ゆっくり花火を楽しんで下さいね。

関連記事:2017年、横浜開港祭の親善大使の倍率や応募方法!【映像有り】

関連記事:横浜開港祭2017 花火やパレードの日程はいつ?時間帯や場所【映像有り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る