テニスは有酸素運動?無酸素運動?ダイエット向きって本当?

ダイエットは長続きするように人と一緒にできるスポーツをはじめる人も多いかと思います。

ラケット系のスポーツははじめる際に比較的費用が安くてはじめやすいですね。

その中でもテニスは常に走り回って力もかなり使っているイメージです。

そんなテニスはダイエットに向いているのでしょうか?

ジムでトレーニングをしたり、ダイエットなどで運動をはじめる際に「有酸素運動」「無酸素運動」を意識している方が多いと思います。

筋肉をつけたい人や脂肪を落としたい人、「有酸素運動」「無酸素運動」はどんな人に有効なのでしょうか?

テニスはダイエットに向いている?テニスは有酸素運動?無酸素運動?そもそも有酸素運動、無酸素運動ってどんなもの?といった疑問にお答えしていきます。

そもそも有酸素運動、無酸素運動とは?

有酸素運動の代表的なスポーツはウォーキングやジョギング、エアロバイク、水泳、エアロビクスなどが有名です。

有酸素運動は呼吸を意識して酸素を取り入れながら行う運動のことで、動きも激しくなく長時間ゆったり運動するのが特徴です。

脂肪燃焼には酸素が必要なので、脂肪を落としたい人には有酸素運動が適しています。

一方、無酸素運動は筋肉を積極的に使い、瞬発力が必要な運動です。

人間は呼吸をする際に必ず酸素を取り入れるので完全に呼吸を止めるわけではありませんが、酸素がいらない分負荷を上げることが可能です。

そのため有酸素運動のようにゆったりと長時間運動するわけではなく、短時間で激しい動きが特徴です。

無酸素運動の代表的なスポーツは短距離走や筋力トレーニングなどです。

筋肉が増えると体重は落ちにくいですが、基礎代謝が上がるので睡眠中でも脂肪燃焼効果が続き太りにくい体質になります。

テニスは瞬発力が求められ、力も相当必要なので無酸素運動に当たるかと思います。

しかし長距離走は有酸素運動、短距離走は無酸素運動で、同じ運動でも酸素が多く必要かそうでないかによって効果が異なります。

そのためゆったりとテニスをやっていれば有酸素運動にもなり、試合のように激しく動いていれば無酸素運動にもなり得るかと思います。

テニスはダイエット向き?

有酸素運動、無酸素運動という概念を抜いて「テニスはダイエットダイエットに向いているのか」と考えると、向いているかと思われます。

テニスは縦23.77m、シングルの場合横8.23m、ダブルスの場合10.97mのコートを縦横無尽に走り回ります。

時には飛び上がったりして想像以上の脚力が必要なスポーツです。

もちろん腕も使いますので、全身の筋肉を隈なく使うスポーツなので、ダイエット効果は大きいかと思います。

ダイエットで運動が続かない理由として「飽きてしまう」というのが多いのではないでしょうか。

ジョギングやマラソンなどは筋トレを加えてコンスタントに長期間続ければ脂肪燃焼され、代謝も高まるのでダイエット効果も高まります。

しかし「楽しさ」に欠けるのが難点…。

忍耐力が試されるスポーツといっても過言ではないかと思います。

テニスの場合、簡単なラリーであっても人とやっているからか飽きることはなかなかありません。

もちろん疲れは相当のものなので仕事や家事、育児などに追われていると毎日できるものでもないのですが…。

しかしダイエットは食事でも運動でもコンスタントに長期間続けられることが重要かと思います。

食事制限も1日ならいいけど長期間だと辛いのと同じで、「楽しい!」と思っていないものはこつこつ続けるのはなかなか難しいですね。

痩せやすい体質や太りにくい体質をつくるためには適切な生活習慣を身に着けることが大切です。

毎日できなくても週1は必ずやれるスポーツだと楽しく続けられますね。

テニスを活かしたダイエットの極意

ダイエットは食事や運動に関わらず、「コンスタントに長期間続ける」「有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる」というのが大切です。

飽きない工夫をさせたり、できる!と思える運動や食事制限を選ぶことも大切です。

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるというのはジムでトレーニングをはじめるときなどによく言われるかと思います。

というのもダイエットの場合、無酸素運動ばかりしてしまうと筋肉が増えて体重が落ちにくくなります。

しかし筋肉があることで基礎代謝が上がり睡眠中でも脂肪燃焼効果が高まるので痩せやすい体質になります。

有酸素運動は酸素を多く取り入れて脂肪燃焼がされやすいです。

しかし筋肉がないと基礎代謝が低く、有酸素運動だけでは脂肪燃焼がされにくくなります。

そのため両方を組み合わせると痩せるだけではなく痩せやすい体質と太りにくい体質を身に着けることができます。

また、有酸素運動を先に行って身体が温まってほぐれてきたなと思ったら無酸素運動に移ると脂肪燃焼効果がより高まるそうです。

まとめ

・テニスは有酸素運動、無酸素運動にもなり得る。

・テニスは全身を使うのでダイエット向き。

・ダイエットは有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる。

運動と一口にいってもやり方によっては効果が大きく異なりますね。

楽しく長続きできるスポーツとしてテニスを始めてみてはいかがでしょうか?

テニスプレイヤーは痩せている人ばかり。

脂肪を持て余していても一念発起してテニスを続ければ楽しくスリムになれるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る