1円玉貯金は意外とお金が貯まる?やり方や両替法を徹底解説!

みなさん、1円玉貯金って聞いたことありますか?

以前、生まれ年コインを貯めていたことがあります。一人暮らしで無駄使いを少し

でも減らしたくて。たまに足りなくなって貯めずに使うこともありましたが…。

そんな経験もある私の観点から1円玉貯金について語っちゃいます。

1円玉貯金ってどうなの? 貯める方法は?

あまりお金に余裕はないけれど、貯金ができたらいいなと思ってはいる…1円玉くらい

なくなっても平気かな…そんな感じで始めるのでしょうか?

でも、そんなに貯まるのかしら??

おつりに1円玉があれば貯金、それだけです。簡単かんたん!

貯金箱はどうするか?

目に見えた方がやる気も出そうですよね?

ペットボトルに入れましょう! 手軽ですしね!

500mlペットボトル小さすぎますよ!600くらいしか入りませんので…。

2Lのペットボトル容器など、できるだけ大きなペットボトルにしましょう!

1円玉貯金の効能は?

実際、どれだけ貯まるのでしょう?

私は生まれ年コインの貯金を結婚してからもしていました。無駄遣いを減らしたかった

です…。どれだけ無駄使いしてんだ、私!!!

まぁそれはさておき主人と私二人で、途中からは子どもの分まで家族全員の生まれ年コインを集めていました。

あれは5年以上で万単位で貯まっていました。

でも1円玉貯金です。完全に1人で貯めていくと、1年では600円くらい、5年以上で数千円貯まるようです。が、これは多い方です。

ちょっとしたお小遣いになるのに何年もかかるんですね。

しかも単純におつりに1円玉があったら…なんてやっていて1年経っても100円くらいしかたまりません

1年貯めても数百円、何年かかって数千円になるの?!

やはりなかなか貯まらないとなると、人はがんばり始めるものです(!?)

友達や家族が1円玉を持っていたら5円玉や10円玉と両替してもらったり、買い物ではできるだけおつりが出るようにしたり。そんな努力しても、1年間で円は無理でしょうか…。

貯金した1円を両替しよう!

がんばって貯めたはいいですが、両替も今の時代、悩ましいところです。手数料が結構

かかりますよね…。ていうか、1円玉を11枚せっかく貯めてがんばってきたのに、

手数料600円とか、1年が無駄になったような気分です!

ゆうちょ銀行と地方銀行の一部では、あるだけ入金という方法もあります。

あるだけ入金とは、入金票に名前と口座番号を記入し、金額を書かずに、「あるだけ入金したい」と伝える方法です。ただ、忙しいと断られてしまったり、もともと金額が分からないと受け付けてくれないこともあります。

ゆうちょ銀行が受けてくれることが比較的多いようですが、行ってから断られては困る

ので、事前に電話などで確認してからにした方が良さそうです。

作業時間は機械で10分ほどで終わるそうですが、あまりに多いと何度かに分けて処理する場合もあるそうです。入金した後は、ATMキャッシュコーナーからお金を引き出せば使えます。

ご存知かも知れませんが、1=1g(グラム)なので、家でだいたい量って大体の金額の

めぼしを付けてから行けば、差額が出たら手持ちのお金で調整すればOKです。

平日に銀行に行けない人はどうするかというと、硬貨を入金できるATMであれば、1度に100枚までOKなので暇なときに何度かに分けて入金しに行ってもいいかもしれません。

ただしこの場合、入金した後5分ほどその機械が使えなくなります。次のお客さんは隣のATMに移動することになりますので、ATM何台か置いてある場所をお勧めします。

自分でATM入金するなら、少し貯まってきたら通帳に入金して、その通帳を「1円玉貯金

通帳」として使うのも悪くないかもしれません。

記念に貯めておくのでしたら良いですが、貯まってきたら、使いたいですよね?

1円を笑うものは1円に泣く 1円にこだわる人は1円に笑う

両替にはちょっとひと手間ありそうな1円玉貯金ですが、1円を気にせずに支払いしていると、財布がじゃらじゃらして重いし、肝心な時に1円はない、なんてことにも。

逆に1円玉貯金をしていると、意外と貯まったな、と1人でにんまりしたり、

1円持ってる人~?」なんてみんなに聞いたりして、気になる彼、彼女と話せちゃうかも

しれないですしね!

それに1円がおつりでくると、何か嬉しくなっちゃいます♪

まとめ

1円玉貯金は手軽だが、努力しないとなかなかたまらない。

1年では数百円、何年か貯めても数千円くらい。

・両替は手数料が高くあるだけ入金した方が良いが、あるだけ入金ができる金融機関が

少ない。ゆうちょ銀行の忙しくない時間に行くのが良さそう。

・たった1円にこだわることで嬉しいことが増えたり、少しだけ心が豊かになる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る