【スポンサードリンク】

豚肉の賞味期限は冷蔵庫だといつまでOK?季節の違いは?

ご家庭でも出番が多い豚肉。安い時にまとめ買いすることも多いのではないでしょうか。そんな時に気になるのが賞味期限です。冷蔵庫で保存した場合、季節によって賞味期限が変わったりするのでしょうか?今回は豚肉の賞味期限について解説します。

【スポンサードリンク】

豚肉の賞味期限、冷蔵庫と冷凍庫だとどれくらい違う?

まず知っておきたいのが、肉の切り方、大きさには様々あり、それぞれで賞味期限が違うということです。大きな固まりになるほど賞味期限は長くなります。つまり、空気に触れる部分を小さくする、空気に触れさせない様に保存し酸化させないことで、賞味期限を長くすることができます。

このことから、冷蔵室で保存した場合のそれぞれの賞味期限(美味しく食べることができる期間)は、

◯ブロック・厚切りなどは、3〜4日程度
◯バラ・スライスなどは、2日程度
◯ひき肉は、当日〜1日程度

と、肉の形状によって差があります。

消費期限(食べることができる期間)は、それぞれもう1日プラス程度になります。

一般的な冷蔵庫の冷蔵室は3〜5度、冷凍室はマイナス15〜18度、チルド室は約0度前後なので、チルド室で保存すると鮮度が長持ちし、賞味期限は少し長くなります。

また、購入した後にクッキングペーパーで水気を拭き取り、ラップに包んで空気を遮断し、さらに密閉容器に入れて保存するともちが良くなります。

醤油や塩で味付けするとさらにもちます。明日の晩ご飯の下準備だけしておいて冷蔵室で保存すると、味も良くしみ込み、保存性も増し、翌日の手間も省けるということですね。

では、冷凍室で保存した場合、賞味期限はどうでしょうか?冷凍保存すると美味しく食べられる期間は、2〜3週間ほどになります。

におい移りなどで味が落ちることを気にしなければ、一ヶ月は保存が可能です。その場合、一回に使う分量を個別に分けておきます。そうすると、冷凍時間も解凍時間も短縮できます。そして、ラップに包んで空気を抜き、平らになる様に保存すると長持ちしますし、後で使いやすいですね。

ちなみに冷凍した豚肉は、使用する一日前に冷蔵室に移して自然解凍させると、旨味が逃げずに美味しく食べることができます。

肉にはたくさんの栄養があるため、空気中の雑菌が繁殖しやすく、室温10度以上から活動を始めてしまいます。ですから常温ですと、賞味期限は2〜3時間程度になってしまうので、購入後のお肉はすぐに使用目的によって、冷蔵・冷凍保存する様にしましょう。

【スポンサードリンク】

冷凍しても季節によって賞味期限は違う?

基本的に冷凍する温度は変わらないので、季節によって賞味期限に差が出ることは考えられませんが、気をつけたいのは解凍方法です。

夏に多いとされる食中毒ですが、実は一年中その原因となる「細菌」「ウイルス」などは発生しています。これらの細菌は高温多湿を好むため、日本では梅雨の始まる前5月から夏の終わりの9月までの期間が、最も食中毒に気をつけなければならない期間です。

冷凍保存した豚肉を解凍する時に、方法を誤ると食中毒の恐れを増してしまう場合もあります。

急いでいる時には電子レンジ解凍です。水分が流出するので肉質は落ちますが、時間のない時には欠かせません。解凍モードを利用します。

流水解凍は電子レンジよりも時間はかかりますが、一度に大量の肉を解凍するときは便利です。

注意したいのが、自然解凍です。常温で置いておくだけなので手軽ですが、1〜2時間かかるので、衛生に十分注意しないと食中毒の恐れも出てきます。

他には、冷蔵庫で解凍する方法、氷水に浸して解凍する方法があります。これらは時間はかかりますが、肉質を保ち、美味しく食べることができます。

まとめ

大量購入した後、さてどのように保存しようか困る場合も多いと思います。今回は日常よく利用する豚肉の冷蔵庫・冷凍庫での保存方法や賞味期限について解説しました。季節によっては解凍方法にも配慮し、いつでも美味しく安全に豚肉を食べられる様にしましょう。

以上、「豚肉の賞味期限は冷蔵庫だといつまでOK?季節の違いは?」でした。

【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る